コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久方の ヒサカタノ

デジタル大辞泉の解説

ひさかた‐の【久方の】

[枕]「天(あめ・あま)」「空」「月」「雲」「雨」「光」「夜」「都」などにかかる。
「うらさぶる心さまねし―天(あめ)のしぐれの流れあふ見れば」〈・八二〉
「―月は照りたり暇(いとま)なく海人(あま)のいざりは灯(とも)し合へり見ゆ」〈・三六七二〉
[補説]かかり方未詳。主に大空にかかわる語にかかるが、語義についても、「日射す方」の意、「久方・久堅」から、天を永久に確かなものとする意など、諸説がある。また、「ひさかたの光のどけき春の日に」〈古今・春下〉などは、一説に「日」そのもののとする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

久方のの関連キーワード土御門天皇神方古香宗尊親王藤原忠通静心無し然らでは天の印しぐれ紀友則いざり月の鏡久方春霞語義補説大空諸説顧み海人随神

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android