コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久野久 くの ひさし

2件 の用語解説(久野久の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久野久 くの-ひさし

1910-1969 昭和時代の岩石学者。
明治43年1月7日生まれ。昭和30年東大教授。箱根火山の成因など,火山現象火山岩研究で知られる。「輝石に関する岩石学上の研究」で29年学士院賞。日本地質学会会長,国際火山学会会長。日本地質学会会長,国際火山学会会長。昭和44年8月6日死去。59歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「火山及び火山岩」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久野久
くのひさし
(1910―1969)

岩石・火山学者。1932年(昭和7)東京帝国大学地質学科を卒業し、1939年同大学理学部助教授、1955年教授となり、岩石学を担当した。1936年、丹那(たんな)断層が伊豆半島北部の東側と西側の土地を1キロメートルもずらしていることを発見し、日本における活断層研究の先駆けとなった。長年にわたって箱根火山の研究を行い、これが三重式火山であることを解明し、詳細な地質図を作成した(1950)。1954年「輝石に関する岩石学的研究」で日本学士院賞を受賞。1958年、深発地震面からのマグマの発生機構を考える「久野モデル」を発表。主著に『火山および火山岩』(1954)がある。[藤井陽一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の久野久の言及

【結晶分化作用】より

…カンラン石玄武岩マグマと呼ばれる本源マグマからはアルカリ岩の系列(玄武岩―粗面安山岩―粗面岩―アルカリ流紋岩)が生じ,ソレアイト質マグマと呼ばれる本源マグマからはソレアイト系列の岩石とカルクアルカリ岩の系列(玄武岩―安山岩―デイサイト―流紋岩)とが生ずる。そのほか1960年に久野久(1910‐69)は本源マグマとして高アルミナ玄武岩マグマを提唱し,これから高アルミナ玄武岩系列の火山岩が生ずると主張した。その後,中央海嶺から噴き出し大洋底全体に広がる深海性ソレアイトabyssal tholeiitoがエンゲルA.E.J.Engelらによって発見され,通常のソレアイトにくらべてK2Oに乏しいことも明らかにされた。…

※「久野久」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

久野久の関連キーワード岩石学マグマ分化作用記載岩石学相岩石学組成岩石学大西洋型杉健一藤井敏嗣大谷栄治野外岩石学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone