コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乗鞍コロナ観測所 のりくらコロナかんそくじょ

大辞林 第三版の解説

のりくらコロナかんそくじょ【乗鞍コロナ観測所】

国立天文台の一。乗鞍岳頂上に1949年(昭和24)に設置された太陽のコロナ観測所。口径25センチメートルなどのコロナグラフを用いて、皆既日食時以外でも常時コロナの観測を行なっている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乗鞍コロナ観測所
のりくらころなかんそくじょ

国立天文台附属の観測施設。長野県と岐阜県の県境、日本アルプス乗鞍岳の摩利支天(まりしてん)岳山頂の海抜2876メートルに位置している。1949年(昭和24)創設。口径10センチメートルと25センチメートルのコロナグラフが設置され、皆既日食時以外でもコロナの輝線観測をすることができる。また、彩層、スピキュール、プロミネンス、フレアなど太陽に関する貴重なデータを得た。2010年にその役目を終えて、閉所した。[日江井榮二郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の乗鞍コロナ観測所の言及

【コロナ観測所】より

…コロナグラフを使ってコロナ特有の輝線の強さを測ったり,コロナ光の偏光を測り,コロナ中の温度や密度などを求め,コロナの物理的構造を調べている。日本では,乗鞍岳の一峰摩利支天岳山頂に文部省国立天文台付置の乗鞍コロナ観測所がある。【日江井 栄二郎】。…

【天文台】より

…88年には旧内務省および海軍省の天文関係の業務を統合して,麻布飯倉の地に東京天文台が設立され,1924年には三鷹に移転して現在に至っている。第2次大戦後,乗鞍コロナ観測所が49年,岡山天体物理観測所が60年,堂平観測所が62年,野辺山太陽電波観測所が69年,木曾観測所が74年,さらに野辺山宇宙電波観測所が78年に相次いで付属施設として建設された。岡山の188cm反射望遠鏡,木曾の105cmシュミット望遠鏡および野辺山の45m宇宙電波望遠鏡などは全国の共同利用にも供されている。…

※「乗鞍コロナ観測所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

乗鞍コロナ観測所の関連キーワード池谷=関彗星コロナ観測所スピキュールコロナグラフ東京天文台国立天文台萩原雄祐

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android