乙字湯(読み)おつじとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

おつじとう【乙字湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)柴胡(さいこ)当帰(とうき)黄芩(おうごん)甘草(かんぞう)升麻(しょうま)大黄(だいおう)などを含む。江戸時代に日本で刊行された医学書『叢桂亭医事小言(そうけいていいじしょうげん)』などに処方が示されている。いぼ痔(じ)きれ痔脱肛(だっこう)便秘などに用い、痔は出血があまり大量でないとき、とくに有効とされる。比較的体力のある人がおもな対象。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android