コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当帰 トウキ

デジタル大辞泉の解説

とう‐き〔タウ‐〕【当帰】

セリ科の多年草山地に生え、高さ60~90センチ。葉は複葉で縁にぎざぎざがある。夏から秋、白い小花を散形につける。根は太く、漢方増血・強壮薬とし、栽培される。日本当帰。うまぜり。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

とうき【当帰】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。セリ科トウキの根を乾燥したもの。鎮痛鎮静抗炎症解熱強壮などの作用がある。神経痛腹痛胃炎に効く当帰湯(とう)湿疹(しっしん)、皮膚のかゆみに効く当帰飲子(いんし)月経痛下腹部痛に効く当帰建中湯(けんちゅうとう)不眠症冷え症、腹痛に効く当帰芍薬散(しゃくやくさん)などに含まれる。

出典|講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

とうき【当帰】

セリ科の多年草。山地に自生し、また薬用に栽培される。全体に芳香がある。高さ約80センチメートル。根葉は羽状に複生。七、八月、枝先に白色の小花を複散形花序につける。根を冷え性・貧血・血行障害などの各種婦人科疾患に広く用いる。和名は中国産の薬用植物の名をそのまま用いたもの。日本当帰。ウマゼリ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

当帰 (トウキ)

植物。セリ科の多年草,薬用植物ニホントウキの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

当帰の関連キーワード当帰四逆加呉茱萸生姜湯人参養栄湯十全大補湯七物降下湯加味帰脾湯竜胆瀉肝湯滋陰至宝湯加味逍遙散清暑益気湯柴胡清肝湯複散形花序疎経活血湯芎帰調血飲滋陰降火湯大防風湯芎膠艾湯五加皮酒大和当帰薏苡仁湯潤腸湯

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

当帰の関連情報