コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乙未事変 いつみじへんǓlmi sabyǒn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乙未事変
いつみじへん
Ǔlmi sabyǒn

朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) の高宗 32 (1895) 年 10月8日,日本公使三浦梧楼 (ごろう) らによって引起された高宗王妃閔妃 (〈びんひ〉明成王后〈1851~95〉) 殺害事件。当時三国干渉で朝鮮における日本の威信は落ち,閔妃派はロシアに接近,日本を排撃しようとした。この劣勢を挽回するために,三浦公使は大院君をかつぎ出し,日本の守備隊を中心に,日本人の大陸浪人を手先にして朝鮮王宮に乱入,閔妃を殺し,石油をかけて焼捨て,親露派を一掃した。三浦公使ら事件関係者は,日本政府によって広島で裁判にかけられたが,証拠不十分として全員釈放された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乙未事変
いつみじへん

閔妃(びんひ)虐殺事件ともいう。1895年(乙未)10月8日未明、駐韓公使三浦梧楼(ごろう)指揮の下に日本官憲と大陸浪人らがソウルの景福宮に乱入し、反日派の中心と目された高宗の妃閔妃を殺害した事件。日清(にっしん)戦争後、日本は軍事力を背景に朝鮮の支配を強化し、経済的利益を独占しようとした。しかし朝鮮政府内でも、これに抵抗し、三国干渉などで公然と日本に対立してきたロシアと結んで、日本の侵略を阻止しようとする動向が表面化してきた。そこで事態を一挙に打開しようと閔妃を虐殺した。しかし、かえって朝鮮人の民族闘争を激化させ、国際的な非難を浴びた。日本は関係者を召還し、裁判にかけたが、全員証拠不十分のため無罪として釈放した。[宮田節子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone