コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九条院 くじょういん

3件 の用語解説(九条院の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九条院
くじょういん

[生]長承2(1133).京都
[没]安元2(1176).9.19. 京都
近衛天皇の中宮藤原呈子太政大臣藤原伊通の娘。母は中納言藤原顕隆の娘。久安6 (1150) 年従三位に叙され,次いで入内して女御となった。その年続いて立后宣下を受けて中宮となる。久寿2 (55) 年近衛天皇は薨去したが,翌年皇后,保元3 (58) 年には皇太后となり,仁安3 (68) 年院号宣下をこうむって九条院と称した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

九条院 くじょういん

1131-1176 平安時代後期,近衛(このえ)天皇の中宮(ちゅうぐう)。
天承元年生まれ。藤原伊通(これみち)の娘。美福門院,ついで摂政(せっしょう)藤原忠通の養女となり久安6年入内(じゅだい),同年中宮となる。久寿2年天皇死去により出家。保元(ほうげん)元年皇后,3年皇太后となり,仁安(にんあん)3年院号をうけた。安元2年9月19日死去。46歳。名は呈子(ていし)。法名は清浄観。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

九条院

没年:安元2.9.19(1176.10.23)
生年:天承1(1131)
平安時代後期,近衛天皇の后。名は呈子。太政大臣藤原伊通と権中納言藤原顕隆の娘玄子との子。久安4(1148)年美福門院得子の養女となる。父の妹が関白藤原忠通の妻であったために忠通の養女となり,6年4月に入内。右大臣藤原公能の娘多子が左大臣藤原頼長の養女として近衛天皇にすでに1月に入内していたが,忠通側の多子排斥が続いたために,優位を保つ。久寿2(1155)年近衛天皇崩御により尼となる。法名清浄観。保元1(1156)年皇后宮。3年皇太后。仁安3(1168)年院号宣下。

(櫻井陽子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

九条院の関連キーワード近衛天皇久寿康治五条の后仁平寛暁喜子内親王居子女王藤原通子源盛子

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

九条院の関連情報