コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳房温存手術(読み)ニュウボウオンゾンシュジュツ

デジタル大辞泉の解説

にゅうぼうおんぞん‐しゅじゅつ〔ニユウバウヲンゾン‐〕【乳房温存手術】

乳癌(にゅうがん)の治療で、乳房をすべて切除せず、腫瘍(しゅよう)とその周囲だけを取り除く手術。乳房や乳首に多少の変形は起こるが乳房を残すことができる。
[補説]乳房の全切除手術と比べて生存率・再発率などに違いはないとされるが、乳房温存手術で術後に腫瘍の取り残しが見つかると再手術が必要になる場合があるほか、手術後に放射線照射(週5回、約5週間)を行うことが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android