コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳房温存手術 ニュウボウオンゾンシュジュツ

1件 の用語解説(乳房温存手術の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にゅうぼうおんぞん‐しゅじゅつ〔ニユウバウヲンゾン‐〕【乳房温存手術】

乳癌(にゅうがん)の治療で、乳房をすべて切除せず、腫瘍(しゅよう)とその周囲だけを取り除く手術。乳房や乳首に多少の変形は起こるが乳房を残すことができる。
[補説]乳房の全切除手術と比べて生存率・再発率などに違いはないとされるが、乳房温存手術で術後に腫瘍の取り残しが見つかると再手術が必要になる場合があるほか、手術後に放射線照射(週5回、約5週間)を行うことが多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乳房温存手術の関連キーワード乳癌加速乳房部分照射法鬼乳乳腺外科ミラノ基準せんちゅうパル注入岩カリ閃長岩アサリの漁獲制限客室持ち込み荷物の新ルール

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

乳房温存手術の関連情報