コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳房温存手術 ニュウボウオンゾンシュジュツ

1件 の用語解説(乳房温存手術の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にゅうぼうおんぞん‐しゅじゅつ〔ニユウバウヲンゾン‐〕【乳房温存手術】

乳癌(にゅうがん)の治療で、乳房をすべて切除せず、腫瘍(しゅよう)とその周囲だけを取り除く手術。乳房や乳首に多少の変形は起こるが乳房を残すことができる。
[補説]乳房の全切除手術と比べて生存率・再発率などに違いはないとされるが、乳房温存手術で術後に腫瘍の取り残しが見つかると再手術が必要になる場合があるほか、手術後に放射線照射(週5回、約5週間)を行うことが多い。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

乳房温存手術の関連情報