コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀津 かめつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

亀津
かめつ

鹿児島県南部,徳之島町の旧町域。奄美群島徳之島南東に位置する。1942年町制施行。1958年東天城村と合体して徳之島町となる。徳之島町の中心地区。江戸時代は代官所所在地。その後,徳之島支庁,または大島郡役所の出張所所在地となり,島の政治,文化などの中心地として発展。近くに島の海の玄関である亀徳港がある。多量の黒砂糖を積み出し,奄美群島各島と鹿児島,那覇を結ぶ主航路の寄港地。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の亀津の言及

【徳之島[町]】より

…下層の段丘上または段丘崖下に沿って集落がある。薩摩藩時代に代官所が置かれた中心集落の亀津,その北に鹿児島からの船が発着する亀徳,さらに北方にかつてかやぶき屋根の民家が軒を並べて特異な景観をみせていた母間(ぼま)などの集落があり,島を一周する道路で結ばれている。亜熱帯性気候を生かした農業を営み,サトウキビが農産物生産額の50%(1982)を占める。…

※「亀津」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

亀津の関連キーワード鹿児島県大島郡徳之島町朝潮 太郎(3代目)徳之島(町)徳之島[町]吉満 義彦

亀津の関連情報