コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

了庵清欲 りょうあんせいよくLiao-an Qing-yu

1件 の用語解説(了庵清欲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

了庵清欲
りょうあんせいよく
Liao-an Qing-yu

[生]至元25(1288)
[没]至正23(1363).8.13.
中国,元の禅僧,書家。臨海 (浙江省) の人。号は南堂。古林清茂 (くりんせいむ) の法嗣。墨跡は趙孟 頫 (ちょうもうふ) の書法を受継ぎ,端正な書風を特色とする。遺墨には日本から留学していた的蔵主 (てきぞうす) に与えた『法語』 (国宝,東京国立博物館) ,月林道皎に与えた『餞別語』 (五島美術館) ,『上堂法語』 (徳川家) などがあり,その墨跡は多く日本に伝わって,茶掛として尊重された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

了庵清欲の関連キーワード後伏見天皇正応弘安正応塵袋デリー根来寺倭姫命世記ソビエツク大慈寺

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone