了庵清欲(読み)りょうあんせいよく(英語表記)Liao-an Qing-yu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

了庵清欲
りょうあんせいよく
Liao-an Qing-yu

[生]至元25(1288)
[没]至正23(1363).8.13.
中国,元の禅僧,書家。臨海 (浙江省) の人。号は南堂。古林清茂 (くりんせいむ) の法嗣墨跡趙孟 頫 (ちょうもうふ) の書法を受継ぎ,端正な書風を特色とする。遺墨には日本から留学していた的蔵主 (てきぞうす) に与えた『法語』 (国宝,東京国立博物館) ,月林道皎に与えた『餞別語』 (五島美術館) ,『上堂法語』 (徳川家) などがあり,その墨跡は多く日本に伝わって,茶掛として尊重された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android