臨海(読み)リンカイ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

臨海
りんかい / リンハイ

中国、浙江(せっこう)省の東部沿海、霊江(れいこう)の下流域にある県級市。人口119万5700(2015)。台州(だいしゅう)地級市に属する。三国時代の呉が県を置き、1986年に市制が施行された。北は天台山、西は括蒼(かつそう)山、南は雁蕩(がんとう)山の三つの山地に囲まれ、東は台州湾に臨む。米、チョマ、豆類、柑橘(かんきつ)類の生産が盛んで、省のミカン、サトウキビの重点生産地区である。また漁業、製塩も盛んである。[林 和生・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

臨海の関連情報