コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

争議団 ソウギダン

3件 の用語解説(争議団の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そうぎ‐だん〔サウギ‐〕【争議団】

労働争議の際に、使用者などに対抗して一時的に組織される労働者の団体。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

そうぎだん【争議団】

労働組合は争議行為を行うが,労働組合を結成していない未組織労働者も一時的に集団を組み,使用者と交渉することができるし,またもし交渉が不調に終われば争議行為を行うことができる。この一時的な争議集団を争議団とよぶ。争議団は,恒久的でなく,特定の時期に特定の問題の解決を目的として集まった労働者の集団であり,労働条件の維持・改善の労使交渉を行うことを目的とし,交渉が終わるとともに解散する。一時的集団だが,労使間の団体交渉を行うことを目的とする限り,憲法28条の規定する労働基本権が保障され,正当な争議行為は免責される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

そうぎだん【争議団】

労働組合が組織されていない場合などに、労働者が争議のために一時的に形成する団体。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

争議団の関連情報