コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

争議団 ソウギダン

世界大百科事典 第2版の解説

そうぎだん【争議団】

労働組合は争議行為を行うが,労働組合を結成していない未組織労働者も一時的に集団を組み,使用者と交渉することができるし,またもし交渉が不調に終われば争議行為を行うことができる。この一時的な争議集団を争議団とよぶ。争議団は,恒久的でなく,特定の時期に特定の問題の解決を目的として集まった労働者の集団であり,労働条件の維持・改善の労使交渉を行うことを目的とし,交渉が終わるとともに解散する。一時的集団だが,労使間の団体交渉を行うことを目的とする限り,憲法28条の規定する労働基本権が保障され,正当な争議行為は免責される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

そうぎだん【争議団】

労働組合が組織されていない場合などに、労働者が争議のために一時的に形成する団体。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

争議団の関連キーワード全国労働組合連絡協議会(1989年結成)浜松日本楽器争議野田醤油大争議八幡製鉄所罷業蜂須賀農場争議日本鉄道矯正会読売新聞争議別子銅山争議藤田農場争議共同印刷争議マキノ 光雄葉山 嘉樹天野 辰夫渡辺 銕蔵洋モス争議ドレイ工場山岡 強一東宝争議法廷闘争天野辰夫

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android