コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

事務機械 じむきかい

3件 の用語解説(事務機械の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

事務機械【じむきかい】

一般的にはオフィスで日常行われる事務作業をより能率的かつ効果的に行うために利用される機器をいう。謄写版タイプライター卓上計算機タイムレコーダーなどが主であったが,コンピューターの発達とともにオフィスへのコンピューター導入が一般化,いわゆるオフィス・オートメーション(OA)化が進んだ。
→関連項目コンピューター

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じむきかい【事務機械】

一般的にはオフィスなどで日常行われる事務作業を,より能率的かつ効果的に行うために利用される機器をいう。一般に,工場,流通などの効率化,自動化に比べ,事務作業の効率はあまり向上していないとされており,近年オフィス・オートメーション(OA)が主張され,事務機械の導入が活発化している。 日本における事務機械の歴史は,1894年に発明された謄写版にはじまる。1915年には和文タイプライター,23年に手動計算器(手回し)が開発されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

事務機械
じむきかい

企業、官庁などで、事務処理を効率的に行うために用いる機械類の総称。事務機器は、『工業統計表』の分類では、一般機械器具に含まれていて、その内訳は計算機械電子式卓上計算機など)、静電間接式複写機、デジタル式複写機、フルカラー複写機、金銭登録機レジスター)、ワードプロセッサー、その他(タイプライタータイムレコーダーオフセット印刷機シュレッダーなど)となっている。オフィスオートメーション(OA)に不可欠な、オフィスコンピュータ、パーソナルコンピュータ、ファクシミリは、『工業統計表』においては情報通信機械器具に分類されている。ビジネス機械・情報システム産業協会の調査による事務機器の出荷額は、国内・海外生産あわせて総計約1兆9930億円(2007年)、もっとも出荷額の多い機器は複写機(複合機を含む)で、1兆590億円となっている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone