コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金銭登録機 きんせんとうろくきcash register

翻訳|cash register

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金銭登録機
きんせんとうろくき
cash register

キャッシュ・レジスタともいう。金銭出納に関して,必要な事項を自動的に登録する機械。一般には金銭収納箱を備え,金銭の受渡し時に,プッシュボタンによって,取扱金額,商品名,取扱者などの数字や記号を表示し,記録し,印刷する仕組みになっている。なかには,必要な営業事項を分類加算する装置や,伝票を印刷する装置,さらには穿孔テープ装置をもち,コンピュータとの連携をはかるなど,かなり進んだものもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金銭登録機
きんせんとうろくき
cash register

自動的に現金取引の内容や金額を表示したり、記録するための機械。レジスター、あるいは略してレジともいう。1878年アメリカのレストラン経営者ジェームス・リティがヨーロッパへ船で旅行した際に、機関室のスクリューの回転数を自動的に記録する装置からヒントを得て、翌年発明したのが、世界で最初のダイヤル・レジスターとよばれるものである。大きな柱時計のような形の文字盤に、長短二つの針があり、下のほうに2列に並んだボタンを押すことによって金額が表示される仕組みである。その後アメリカのジョン・H・パターソンが1884年に製造・販売を始めてから、現在のような型になるまで改良が加えられた。
 レジスターの基本的な機能としては、取引内容の表示、領収証の発行、営業記録の作成、合計器などがあげられるが、現在では合計だけでなく精算機能を備えたものもある。機械式レジスターも、エレクトロニクスを使用した電子レジスターに変わり、さらにコンピュータと連動して、POS(point of sales)とよばれる販売時点情報管理システム機として活用されている。また小売業の戦略武器としても、広く百貨店、専門店、スーパーマーケット、飲食店などで採用され、活用されている。[石原 啓]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の金銭登録機の言及

【キャッシュ・レジスター】より

…金銭登録機ともいう。商店などで商品を売り上げた場合,その商品の取引状況(数量,単価,合計金額)の内容を商店にも顧客にもわかるよう表示するとともに,その合計を加算,記録すると同時に,あわせて現金の保管を行う機械。…

※「金銭登録機」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金銭登録機の関連キーワードトーマス・ジョン ワトソンリットン・インダストリーズデイトン(アメリカ合衆国)日本エヌ・シー・アールキャッシュ・レジスターキャッシュ・レジスターメカニックレジスター日本金銭機械機械化会計ケタリング間宮 精一東芝テック事務用品間宮精一ワトソン事務機械IBMNCR社内報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android