コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔵王国定公園 ざおうこくていこうえん

6件 の用語解説(蔵王国定公園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蔵王国定公園
ざおうこくていこうえん

宮城,山形両県に広がる自然公園。面積 396.35km2。 1963年指定。熊野岳 (1841m) を最高峰に,北は面白山 (1264m) から南は不忘山 (1705m) 南麓の長老沼までを含むが,地形的に南北に分れている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ざおう‐こくていこうえん〔ザワウコクテイコウヱン〕【蔵王国定公園】

宮城・山形両県境にまたがる蔵王山を中心とする国定公園立石寺(りっしゃくじ)名取川二口(ふたくち)峡谷などが含まれる。スキー場・温泉が多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

蔵王国定公園【ざおうこくていこうえん】

宮城・山形2県にまたがる国定公園。面積396.35km2。1963年指定。北は面白山火山群,南は不忘山南麓の長老湖までを含み,火山景観が変化に富む。中心は蔵王山で,高山植物,樹氷が美しく,スキー場が多い。
→関連項目川崎[町]蔵王[町]蔵王[温泉]宮城[県]山寺

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ざおうこくていこうえん【蔵王国定公園】

宮城・山形両県の県境、蔵王山を中心とする国定公園。火山景観・温泉・スキー場などで知られる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県(山形県)〕蔵王国定公園(ざおうこくていこうえん)


東北地方南部の国定公園。山形・宮城両県の県境に位置する蔵王山を中心とした山岳部が中心。面積3万9635ha。1963年(昭和38)指定。火口丘火口湖など変化に富んだ火山景観が特徴。冬の樹氷も名高い。冬はスキー、夏は登山の好適地。山岳有料道路の蔵王エコーラインは公園域を結ぶ観光道路。蔵王温泉・峩々(がが)温泉・青根(あおね)温泉などの温泉、北部には山寺の名で知られる立石(りっしゃく)寺(国の名勝・史跡)がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蔵王国定公園
ざおうこくていこうえん

山形、宮城の両県にまたがる蔵王山を中心とした国定公園。1963年(昭和38)指定。面積396.35平方キロメートル。北は面白(おもしろ)山から雁戸(がんど)山、熊野岳、地蔵山、刈田(かった)岳などのいわゆる北蔵王を経て、南は屏風(びょうぶ)岳から不忘(ふぼう)山の山麓(さんろく)まで南北約36キロメートル、東西約20キロメートルにわたる。最高峰熊野岳(1841メートル)を中心とする一帯は火口湖の御釜(おかま)と中央火口丘の五色岳、馬ノ背、刈田岳などの外輪山よりなり、植生も少ない。一方、南蔵王や地蔵岳一帯の標高1350メートルの山腹から山稜(さんりょう)にかけてはアオモリトドマツなどの亜高山性針葉樹林に覆われ、とくに西斜面のアオモリトドマツには冬季には世界的に有名な樹氷が形成される。蔵王エコーラインの開通後は、蔵王温泉を中心として蔵王スキー場などの観光開発が進んだ。北端には芭蕉(ばしょう)の句「閑(しず)かさや岩にしみ入る蝉(せみ)の声」で知られる山寺立石寺(りっしゃくじ)(国の名勝・史跡)がある。このほか公園域には、北部に名取川上流の姉滝、磐司(ばんじ)岩、南部に室原(むろはら)川の不動滝などがあり、蔵王山東麓には峩々(がが)温泉、青根(あおね)温泉がある。[中川 重]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蔵王国定公園の関連キーワード石鎚国定公園栗駒国定公園剣山国定公園飛騨木曾川国定公園南三陸金華山国定公園金剛生駒国定公園飛騨木曽川国定公園・飛驒木曾川国定公園・飛騨木曾川国定公園・飛驒木曽川国定公園ミスティフィヨルド国定公園南東北福島[県]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蔵王国定公園の関連情報