コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二条斉敬 にじょう なりゆき

美術人名辞典の解説

二条斉敬

公卿。斉信の男。徳川家斉猶子となり安政6年内大臣左大将となる。文久2年右大臣、同3年左大臣関白となり従一位。安政5年将軍宣下の為関東下向。明治11年(1878)歿

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

二条斉敬 にじょう-なりゆき

1816-1878 江戸時代後期の公卿(くぎょう)。
文化13年9月12日生まれ。二条斉信(なりのぶ)の子。安政の大獄に連座して一時謹慎を命じられたが,文久2年右大臣,国事御用掛,翌年関白となる。従一位。孝明天皇を補佐して公武合体の推進,尊攘派(そんじょうは)勢力の追放,条約勅許・長州処分問題などの処理にあたる。王政復古後,朝廷への出仕を停止された。明治11年12月5日死去。63歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

二条斉敬

没年:明治11.12.5(1878)
生年:文化13.9.12(1816.11.1)
幕末の公家政治家。五摂家。父は斉信,母は水戸藩主徳川治紀の娘従子。安政5(1858)年条約調印に反対の態度を示し,12月,徳川家茂への将軍宣下を伝達のため江戸に赴く。大老井伊直弼に面会を求めたが拒絶され,翌年,10日間の慎に処せられた。文久2(1862)年1月に右大臣,同12月国事用掛。翌年8月18日の政変に参画し尊攘派勢力を一掃,12月,関白に就任する。以来,朝彦親王と共に,幕府および徳川慶喜と提携して朝廷を運営,長州再征・条約の勅許に尽力した。慶応2(1866)年9月,列参奏上の22廷臣から批判を受け辞表を提出。却下され,徳川慶喜の将軍就任に力を尽くす。同年12月孝明天皇が没し,翌年1月明治天皇の践祚に伴って摂政となる。王政復古の政変で摂政・五摂家の制が廃絶され,参朝停止の処分を受けた。明治1(1868)年8月処分解除,翌年7月麝香間祗候。ちなみに二条家は,他の摂家と違って将軍の諱の1字を用いる慣例があり,斉敬の「斉」は家斉の「斉」である。

(井上勲)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二条斉敬
にじょうなりゆき

[生]文化13(1816).9. 京都
[没]1878.12.5. 京都?
江戸時代末期の公卿。左大臣斉信の次男。文政7 (1824) 年元服,文久2 (62) 年 12月左大臣,関白,氏長者 (うじのちょうじゃ) に補任され,慶応3 (67) 年1月には年少の明治天皇の摂政となった。関白としては終始公武合体論を唱え,王政復古に際して摂政の職を解かれたが,明治維新後は大宮御用掛などをつとめ,明治4 (71) 年隠居。没後従一位を追贈された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の二条斉敬の言及

【二条家】より

…藤原氏北家の嫡流。五摂家の一つ。九条道家の次男良実を始祖とし,家号は良実の殿第に由来するが,二条の坊名にちなんで銅駝(どうだ)の称もある。承久の乱後,時の権臣西園寺公経の女婿九条道家は,みずから摂政・関白に就任したばかりでなく,教実,良実,実経の3子を次々に摂関の座につけ,九条家の全盛を謳歌した。ところが1246年(寛元4)の名越氏,翌年の三浦氏の乱に関連して,道家および摂政実経が失脚するや,道家はこれを前関白良実の幕府に対する誣告(ぶこく)によるものと推断し,良実を義絶した。…

※「二条斉敬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

二条斉敬の関連キーワード文久三年八月十八日の政変文久3年8月18日の政変正親町三条実愛討幕の密勅清棲 家教中御門経之二条 正麿大原重徳岩倉具視二条正麿四条隆英恒子女王岡部忠蔵伊吹剛晃親王公卿文政

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android