コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤貝 アカガイ

2件 の用語解説(赤貝の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あか‐がい〔‐がひ〕【赤貝】

フネガイ科の二枚貝。内湾の泥底にすむ。貝殻は厚く膨らみ、殻長12センチくらい。殻表には42本ほどの放射肋(ほうしゃろく)があり、黒褐色の毛状の殻皮で覆われる。肉は赤く、すし種などにする。きさがい。 春》
女性の性器をいう語。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あかがい【赤貝】

海産の二枚貝。殻長12センチメートル 内外。殻は四角ばって、厚くふくらむ。殻表は黒褐色の毛状の皮をかぶり、四〇~四二本の放射肋ほうしやろくをもつ。両殻の合わせ目には細かい歯が一直線に並ぶ。血液が赤いので肉は赤みを帯び、美味。北海道南部以南に分布。
女陰をいう隠語。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

赤貝の関連情報