コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤貝 アカガイ

デジタル大辞泉の解説

あか‐がい〔‐がひ〕【赤貝】

フネガイ科の二枚貝。内湾の泥底にすむ。貝殻は厚く膨らみ、殻長12センチくらい。殻表には42本ほどの放射肋(ほうしゃろく)があり、黒褐色の毛状の殻皮で覆われる。肉は赤く、すし種などにする。きさがい。 春》
女性の性器をいう語。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あかがい【赤貝】

海産の二枚貝。殻長12センチメートル 内外。殻は四角ばって、厚くふくらむ。殻表は黒褐色の毛状の皮をかぶり、四〇~四二本の放射肋ほうしやろくをもつ。両殻の合わせ目には細かい歯が一直線に並ぶ。血液が赤いので肉は赤みを帯び、美味。北海道南部以南に分布。
女陰をいう隠語。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

赤貝 (アカガイ)

学名:Scapharca broughtonii
動物。フネガイ科の食用二枚貝

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

赤貝の関連キーワードグリーンフーズ高山寺貝塚猿頬・猿頰神皇産霊尊保存水域蚶貝比売末摘花アワビ黒褐色一直線紐胡瓜貝殻分布内湾貝貨内外海産蜆貝赤み隠語

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤貝の関連情報