(読み)シジミ

大辞林 第三版の解説

しじみ【蜆】

シジミ科の二枚貝の総称。貝殻は丸みを帯びた三角形で、表面に輪状の成長脈をもつ。殻表は多くは黒褐色。マシジミは湖・川に、ヤマトシジミは河口に、セタシジミは琵琶湖水系に分布。いずれも食用となる。蜆貝。 [季] 春。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蜆 (シジミ)

動物。シジミ科の貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しじみ【蜆】

〘名〙 シジミ科に属する二枚貝の総称。殻は三角形で、通常殻長約三センチメートル。表面はオリーブ色または黒色で輪脈があり、内面は紫色を帯びる。日本には純淡水産のマシジミ、海水のまじる河口付近にすむヤマトシジミ、琵琶湖水系にすむセタシジミ、奄美諸島以南にすむ大形のヒルギシジミガイなどが生息。マシジミは卵胎生または卵生で、他は卵生。多くはみそ汁にされ、また黄疸(おうだん)の薬とされる。しじみがい。《季・春》
※万葉(8C後)六・九九七「住吉の粉浜の四時美(シジミ)開けも見ず隠りてのみや恋ひ渡りなむ」
※随筆・守貞漫稿(1837‐53)五「蜆は京坂にては或は貝のまま売るあり。或は石灰を交へ煮て殻を去て売るもあり。〈略〉江戸には殻を去りたる蜆無之」
[語誌](1)縄文・彌生の遺跡から多く出土し、文献では「播磨風土記‐美嚢」に、履中天皇がシジミを食した記事があるなど、古くから食用にしていた。
(2)琵琶湖のものは、室町時代に「ししみ取る堅田の浦のあま人よこまかに言はばかひぞあるべき」〔為尹千首‐恋〕という堅田のものを詠んだ歌があるが、近世には瀬田の名産とされた。
(3)江戸文学などでは、零細な元手で商売できるので、しじみ売りは貧乏人の典型となっていた。

しじめ【蜆】

〘名〙 「しじみ(蜆)」の変化した語。
※本草色葉抄(1284)「蜆 シシメ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蜆の関連情報