コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風通 ふうつう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

風通
ふうつう

織物の組織名で風通織の略。両面錦ともいわれるように二重織表裏経糸緯糸にそれぞれ違った色糸を用い,その組織を模様に従って表裏に交互させ,表裏の模様が同じで色が反対になるように織り出したもの。平安時代にこの織法の原初型があるが,量産されて流行したのは明治中期以降である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

風通【ふうつう】

二重織による模様織物の一種。表組織と裏組織を模様のところで交換させ,表裏に色違いの模様を織り出したもの。和服地,ふとん,婦人洋服地,タオル地などに応用。風通御召壁風通風通絣(ふうつうがすり),風通絽(ろ)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふうつう【風通】

表裏色違いの織文様があらわされる〈両面織〉あるいは〈二重(にじゆう)織〉のこと。すなわち経緯糸ともに表裏2組の色糸を用い,表は表経(おもてだて)と表緯(おもてぬき)で,裏は裏経と裏緯で組織し,製織過程で表裏の糸を浮沈交替させつつ織りあげた織物をいう。普通2色を用い,同色の経緯糸を組み合わせて織り,一定間隔でこれを交互に浮沈交替して,石畳や網代綾形(さやがた)などの幾何学的な文様をあらわしたものが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふうつう【風通】

「風通織り」の略。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の風通の言及

【織物】より

…ちょうど2枚の織物を一部で綴り合わせたような状態になっているものと,経糸あるいは緯糸だけを二重にしたものもある。風通(ふうつう)などがこれである。また二重織の変化したものに,地組織の経糸,緯糸とは別の経または緯糸をいっしょに織り込んだ織物で,添毛織物あるいはパイル織といわれるものがある。…

※「風通」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

風通の関連キーワード風通織り・風通織ベンチレーションベランダガーデン二重織り・二重織あずまコート新古今和歌集奄美の芭蕉布藤原俊成女七つ下がり足利織物からみ織正倉院裂変化組織ガス風通先染織物明り取り大島風通二重織物夏座敷擬風通

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

風通の関連情報