コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五井 ごい

百科事典マイペディアの解説

五井【ごい】

千葉県市原市の中心地区。木更津街道の宿場町であったが,内房線,小湊鉄道開通後商業町として発達。海岸埋立地に石油コンビナートが造成され,京葉工業地域の中核として発展している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ごい【五井】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔千葉県〕五井(ごい)


千葉県市原(いちはら)市の中心地区。五井町が1963年(昭和38)近隣4町と合併、市原市となる。江戸時代、木更津(きさらづ)街道の宿場町として発展。海岸埋め立て地に石油化学コンビナートが立地、京葉(けいよう)工業地域の中核をなす。JR五井駅西側は繁華街。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五井
ごい

千葉県市原市の中心地区。旧五井町。養老(ようろう)川河口に近く東京湾に臨む。JR内房(うちぼう)線が通じる。木更津(きさらづ)街道の宿場町として発達し、東京湾岸ではノリと貝を採取する半農半漁村であった。海水浴場も開設されたが、1957年(昭和32)漁業権が放棄されて埋立てが進み、一大石油化学コンビナートが形成された。[山村順次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の五井の言及

【市原[市]】より

…人口27万7061(1995)。1963年市原,五井,姉崎,市津,三和の5町が合体して市制。67年1町1村を編入して,市原郡全体が市原市となり,県内一広い面積となった。…

※「五井」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

五井の関連キーワード前田寛治治安維持法ドイツ映画女工哀史ボルゴグラードレザー・シャー・パフラビーイービ木下利玄モースモッセ

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

五井の関連情報