五師(読み)ごし

精選版 日本国語大辞典「五師」の解説

ご‐し【五師】

〘名〙
① 中古、南都諸大寺または宮寺などで寺務をつかさどった役僧。寺社僧の中から五人を選んで任じたもの。
※三代実録‐貞観九年(867)一一月二九日「命七大寺。講演仁王般若〈略〉与専寺僧綱及別当三綱五師等。相共勤加撿察
② 釈尊入滅後、教法を伝持した付法の師、五人。異世の五師と同世の五師があり、異世の五師は迦葉(かしょう)、阿難、末田地(までんじ)、商那和須、優婆毱多(うばきくた)、同世の五師は優婆毱多の五人の弟子のこと。
③ 五種の法師。経師、律師、論師、法師、禅師
授戒を受けるときの五人の師僧。また、辺国では具足戒を受けるときの五人の師僧にもいう。〔目連問戒律五百軽重事〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android