コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五師 ゴシ

大辞林 第三版の解説

ごし【五師】

平安時代、諸大寺にあって別当や三綱さんごうの下で事務に当たった僧。のち三綱にかわって一山を代表する場合もあった。
釈迦の死後、仏法を伝えた五人の師。迦葉かしよう・阿難・末田地までんじ・商那和須・優婆毱多うばきくた

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

五師の関連キーワード仁田原 重行福田雅太郎岸本鹿太郎市川堅太郎仁田原重行大谷喜久蔵田中 国重津野 一輔尾野 実信多聞院日記吉江石之助小泉正保永見俊徳福原豊功山口素臣石橋健蔵石本寅三鵜沢総司津野一輔寺内寿一

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五師の関連情報