コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上 公二 イノウエ コウジ

20世紀日本人名事典の解説

井上 公二
イノウエ コウジ

明治・大正期の実業家 帝国生命保険社長。



生年
文久3年11月24日(1864年)

没年
大正14(1925)年1月18日

出生地
備中国松山(岡山県高梁市)

学歴〔年〕
慶応義塾明治18年〕卒

経歴
備中松山藩士・井上公一の長男に生まれる。号を春園、宕山と称した。明治12年再興された高梁・有終館に学び、13年上京、三島中洲の二松学舎、ついで同人社、慶応義塾に進む。18年卒業と同時に米国に留学。21年帰国して渋沢栄一の推薦を受け銅山王・古河市兵衛の下に入る。鉱業事務所で会計課長、32年支配人などを務め、38年古河鉱業が設立されると理事に就任する。43年同社足尾鉱業所長、大正6年古河合名会社総理事となり、古河全事業の統轄に当たる傍ら、系列会社の重役を兼任。この間、足尾鉱毒事件労働争議に伴う暴動などの打開に当たる。10年総理事を辞し相談役に退いた。11年帝国生命保険(のちの朝日生命保険)社長に就任。謡曲・長唄・茶道などに通じ、国風を好んだ。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

井上 公二の関連キーワード障害者

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android