コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上秀天 いのうえ しゅうてん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上秀天 いのうえ-しゅうてん

1880-1945 明治-昭和時代前期の東洋思想研究家。
明治13年3月21日生まれ。哲学館(現東洋大)でまなび,セイロン(スリランカ)のコロンボ大などで原始仏教を研究。神戸にすみ,雑誌に非戦論,社会批判を発表し,また「無門関の新研究」「漢英考証老子の新研究」などの東洋思想に関する著作をおおくあらわした。昭和20年3月17日死去。66歳。鳥取県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

井上秀天の関連キーワード明治

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android