亡八・忘八(読み)ぼうはち

大辞林 第三版の解説

ぼうはち【亡八・忘八】

〔仁・義・礼・智・信・忠・孝・悌の八徳を失った者、また、それらを忘れさせるほどおもしろい所の意〕
遊里で遊ぶこと。また、その人。
遊女屋。置屋。また、その主人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぼう‐はち バウ‥【亡八・忘八】

〘名〙 (仁義礼智忠信孝(てい)の八つの徳目を失った者の意から)
① 放蕩にふけること。遊里で遊ぶこと。また、その者や、その者をののしることば。わんば。〔五雑俎‐人部四〕
遊女屋。くるわ。また、女郎屋の主人。
※俳諧・七柏集(1781)奥八町目社中「杉苗にまた此頃の檀かつら〈北州〉 普請願ひの亡八連だつ〈里夕〉」
※湯島詣(1899)〈泉鏡花〉二〇「忘八(バウハチ)の亭主、待合の女房といへども」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android