コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北州 ほくしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北州
ほくしゅう

日本舞踊,素踊りの御祝儀曲。清元座敷浄瑠璃の一つ。本名題『北州千歳寿 (せんねんのことぶき) 』。大田蜀山人作詞,元吉原の芸者川口なお (直) 作曲。文政1 (1818) 年発表。のちに1世花柳寿輔により振付される。北州とは遊郭吉原のことで,その年中行事と四季の風物を歌ったもの。吉原を彩る 18人の人物を踊り分ける難曲。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほく‐しゅう〔‐シウ〕【北州】

北国(ほっこく)1」に同じ。
北国(ほっこく)」に同じ。
「―の遊び、嗚呼(ああ)楽しいかな」〈洒・遊子方言

ほくしゅう【北州】[清元]

清元。本名題「北州千歳寿(ほくしゅうせんねんのことぶき)」。大田蜀山人(おおたしょくさんじん)作詞、川口お直作曲。文政元年(1818)発表。江戸新吉原の四季の風物を歌ったもので、「梅の春」とともに祝儀物の代表作。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

北州【ほくしゅう】

清元節の曲名。本名題《北州千歳寿(せんねんのことぶき)》。蜀山人(大田南畝)作詞,川口お直作曲。北州とは江戸吉原のこと。吉原の四季の風物を語る。《梅の春》と並ぶ,清元節の代表曲。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほくしゅう【北州】

清元の曲名。祝儀曲。本名題《北州千歳寿(ほくしゆうせんねんのことぶき)》。1818年(文政1)開曲。作詞大田南畝。作曲川口お直。北州とは江戸の北方にあたる吉原を指し,その四季の風物を描いた作品。作曲者が吉原の芸者であったので,廓の雰囲気がよく表現されている。素踊として初世花柳寿輔が振り付けたが,各流にもほとんどそのまま受け継がれている。江戸の社交場であった吉原を背景に,遊客太鼓持,遊女,禿(かむろ),武士などさまざまな人物像を踊り分けねばならぬ難曲とされている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほくしゅう【北州】

ほっこく(北国)」に同じ。
清元節の曲名。本名題「北州千歳寿せんねんのことぶき」。大田蜀山人作詞。川口お直作曲。1818年発表。吉原の四季の風物を語ったもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北州
ほくしゅう

清元(きよもと)の曲名。本名題『北州千歳寿(せんねんのことぶき)』。蜀山人(しょくさんじん)作詞。作曲は元吉原の芸者、川口お直といわれる。1818年(文政1)初演。北州とは江戸の北、吉原をさす。清元のなかでも『梅の春』と並んで重要な曲とされ、吉原の1年間の風物や年中行事を歌っためでたい曲である。狂歌で名高い蜀山人が作詞者だけに、凝った歌詞につくられ、曲の終わりには、清元延寿太夫(えんじゅだゆう)の名を歌詞に詠み込み、同流の発展を祈っている。ゆったりとした華やかな節付けだが、後半には間拍子(まびょうし)のよい節付けで変化をつけている。[茂手木潔子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

北州の関連キーワード小金井蘆州(2代)台湾日日新報鈴木 靖之花柳 輔蔵高橋 衛モンロー日本舞踊藤間藤子高橋衛川口直マルア北郭北国台北

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北州の関連情報