今井 邦子(読み)イマイ クニコ

20世紀日本人名事典の解説

今井 邦子
イマイ クニコ

大正・昭和期の歌人



生年
明治23(1890)年5月31日

没年
昭和23(1948)年7月15日

出生地
徳島県徳島市

出身地
長野県

本名
今井 くにえ

旧姓(旧名)
山田

学歴〔年〕
諏訪高女卒

経歴
3歳のとき長野県下諏訪町の祖父母に引き取られる。明治40年頃、17歳で「女子文壇」に投稿。諏訪高女卒業後、中央新聞の記者となり、44年結婚。大正5年「アララギ」に入会、島木赤彦に師事。この間、児童読み物も執筆し、少女小説「白い鳥よ」、童話集「笛吹く天人」を刊行。昭和6年歌集「紫草」を刊行。10年「アララギ」を退会。11年「明日香」を創刊し主宰。13年「明日香路」を刊し、昭和の代表的女流歌人の位置に立つ。ほかの歌集に「こぼれ梅」今井邦子短歌全集」など。また、「秋鳥集」「歌と随筆」「万葉読本」「清少納言紫式部」など評論随筆集、研究書も数多く刊行している。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

今井 邦子 (いまい くにこ)

生年月日:1890年5月31日
大正時代;昭和時代の歌人
1948年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android