コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今村恵猛 いまむらえみょう

3件 の用語解説(今村恵猛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

今村恵猛
いまむらえみょう

[生]慶応4(1868).5.17.
[没]1932.12.23.
浄土真宗本願寺派ハワイ開教総長。 1900年ハワイに着任してから,逝去まで 33年間ハワイの開教に従事して,ハワイにおける仏教の基礎を確立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今村恵猛 いまむら-えみょう

1866-1932 明治-昭和時代前期の僧。
慶応2年5月27日生まれ。明治32年浄土真宗本願寺派の開教使に任命されハワイにわたる。翌年監督,明治39年ハワイ別院の初代輪番となる。小・中学校,仏教青年会などをつくったほか,英語による布教もすすめた。昭和7年12月22日死去。67歳。越前(えちぜん)(福井県)出身。慶応義塾卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

今村恵猛
いまむらえみょう
(1866―1932)

明治・大正時代の浄土真宗本願寺派の僧。福井県足羽(あすわ)郡東郷(とうごう)村(福井市)の専徳寺に生まれる。10歳で得度し、京都西本願寺普通教校、慶応義塾文科に学ぶ。1899年(明治32)ハワイ開教使に招かれ、翌年監督となる。99年12月のペスト流行には救済団体「共愛会」をつくり、在留邦人のために尽くした。以後、同地で英語による伝道に努め、また日本語学校、仏教青年会、ハワイ日本文庫の設立、育成などに生涯を尽くした。昭和7年12月22日示寂。[金田諦応]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今村恵猛の関連キーワード土屋元作楽弘入青木隆石井敬吉内田徳郎金森匏瓜斎藤義夫四方竜文(7代)高瀬梅吉藤沢友吉(初代)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone