仏教説話集(読み)ぶっきょうせつわしゅう

世界大百科事典 第2版の解説

ぶっきょうせつわしゅう【仏教説話集】

釈迦やその直系の弟子たちが説いた教えは,はじめ口頭で伝承され,のち文字で書かれて経典となった。その内容も物語風な構成のものが多いが,そのままでは仏教説話集とは呼ばない。あくまで経である。現在われわれが仏教説話集と呼んでいるものは2種ある。第1は,中国その他の仏教国で編まれた,高僧たちの行状をめぐる話や,信徒間で語り広められた因果応報譚などを集録したもの。第2は,それぞれの国のことばで,経・律・論のなかから釈迦伝やジャータカ(釈迦本生譚)などを書き集めたものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仏教説話集の関連情報