コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

景戒 けいかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

景戒 けいかい

?-? 奈良-平安時代前期の僧。
法相(ほっそう)宗。仏教説話集日本霊異記(りょういき)」の著者。同書から,奈良薬師寺で妻帯していたこと,延暦(えんりゃく)14年(795)伝灯住位となったことなどが知られる。紀伊名草郡(和歌山県)の出身か。法名は「きょうかい」ともよむ。

景戒 きょうかい

けいかい

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

景戒

生年:生没年不詳
奈良後期から平安時代初期の僧。「けいかい」とも読む。日本最初の仏教説話集である『日本霊異記』(正式書名は『日本国現報善悪霊異記』)の著者。同書の上中下各巻の巻首や下巻末尾の署名から,薬師寺の僧で伝灯住位の僧位を有していたことが知られる。景戒についてはほかに同時代の史料がなく,自伝的な記述のみられる下巻第38話など同書の内部からわずかな情報が得られるにすぎない。まず生国であるが,同書には紀伊国名草郡(和歌山県)に関する説話が多いため,同地の出身であろうと推測されている。自分の根拠地(これもおそらく名草郡)に私堂を持ち,妻子を養い,馬を持ち,半俗の生活を営んでいた。 同書には自らを私度僧(政府の認可を経ないで出家した僧)であったとする記述はないが,当初は私度僧として宗教活動を開始し,のちに官度の僧となって薬師寺に所属したと推測される。ただし,その後も薬師寺で起居したわけではない。生活,活動のほとんどは私堂のある紀伊国で営まれたと考えてよい。『日本霊異記』は中国の仏教霊験説話集である『冥報記』『金剛般若経集験記』を参照して作られている。また経典からの引用も数多いが,ほとんどは直接引用ではなく,『梵網経古迹記』『諸経要集』からの孫引きである。彼の説く教えの中心は,三宝(仏法僧―仏像・経典・出家者)を信心すれば利益が得られるというものであった。また五性各別説(修行者を五種にわけ,成仏可能な者と不可能な者とがあるとする説)を説いており,当時の法相宗の教学にもある程度の理解は持っていたらしい。道教,陰陽道の影響も認められる。景戒に関する研究は数多い。<参考文献>二葉憲香監修『日本霊異記研究文献目録』

(吉田一彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けいかい【景戒】

奈良後期~平安初期の奈良薬師寺の僧。〈きょうかい〉とも呼ぶ。日本の説話文学集の創始とされる《日本霊異記(りよういき)》(822ころ)の撰述者。景戒に関してこれが唯一の資料である。因果応報の理の実在を確信し,中国の仏教説話集にならいながらも強い自国意識を失わず,善悪の現報をめぐる諸実例を全国的に集め,現世の行動の規範として人々を教化しようと撰述した。自伝的記事の中で,787年(延暦6)に在俗貧窮の身を前世の悪報と反省し,2度夢想発心し,8年後に伝灯住位の僧位を得たがなお身辺変異をうけ,仏道精進をさらに決意している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きょうかい【景戒】

平安前期の法相宗の僧。薬師寺の僧だが履歴は不詳。「日本国現報善悪霊異記(日本霊異記)」の著者。生没年未詳。

けいかい【景戒】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の景戒の言及

【景戒】より

…日本の説話文学集の創始とされる《日本霊異記(りよういき)》(822ころ)の撰述者。景戒に関してこれが唯一の資料である。因果応報の理の実在を確信し,中国の仏教説話集にならいながらも強い自国意識を失わず,善悪の現報をめぐる諸実例を全国的に集め,現世の行動の規範として人々を教化しようと撰述した。…

【日本霊異記】より

…〈にほんれいいき〉とも呼び,正式書名は《日本国現報善悪霊異記(にほんこくげんぽうぜんあくりよういき)》,通称《日本霊異記》,略して《霊異記》ともいう。奈良薬師寺の僧景戒(けいかい∥きようかい)撰述。成立は最終年紀の822年(弘仁13)以後まもないころ,ただし787年(延暦6)には原撰本が成るか。…

【日本霊異記】より

…〈にほんれいいき〉とも呼び,正式書名は《日本国現報善悪霊異記(にほんこくげんぽうぜんあくりよういき)》,通称《日本霊異記》,略して《霊異記》ともいう。奈良薬師寺の僧景戒(けいかい∥きようかい)撰述。成立は最終年紀の822年(弘仁13)以後まもないころ,ただし787年(延暦6)には原撰本が成るか。…

※「景戒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

景戒の関連キーワード役小角霊験記沙門行善観規法相

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android