仙人草(読み)センニンソウ

大辞林 第三版の解説

せんにんそう【仙人草】

キンポウゲ科のつる性多年草。山野に自生。茎は長さ1.5メートル 以上に達し、羽状複葉を対生。八、九月、葉腋ようえきに白色花を多数つけ、羽毛のある痩果そうかを結ぶ。有毒。葉や根は鎮痛・利尿薬として利用する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

仙人草 (センニンソウ)

学名:Clematis terniflora
植物。キンポウゲ科の落葉つる性植物,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せんにん‐そう ‥サウ【仙人草】

〘名〙 キンポウゲ科のつる性多年草。各地の原野、路傍に生える。高さ三メートルに達する。葉は奇数羽状複葉で三~七個の小葉からなり、長柄をもち対生する。小葉は有柄で、長さ三~五センチメートルの卵形。葉柄はまがりくねって他物にからむ。七~九月頃、茎頂および葉腋に一~数本の円錐花序をだし、径二~三センチメートルの白色の四弁花を上向きにつける。萼片(がくへん)は花弁状。多数の雄ずいと雌ずいがある。果実は扁平な倒卵形で先端に長さ約三センチメートルの白い羽毛状の花柱がある。有毒植物だが葉の液汁を腫れ物や疥癬(かいせん)に塗ると効果があるという。漢名に大蓼を当てるのは誤用で、これは正しくはオオケタデの名。たかたで。はこぼれ。はぼろし。うしのはこぼれ。〔大和本草(1709)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android