コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙人草 センニンソウ

デジタル大辞泉の解説

せんにん‐そう〔‐サウ〕【仙人草】

キンポウゲ科の蔓性(つるせい)の多年草。日当たりのよい地に生える。葉は卵形小葉からなる羽状複葉。夏から秋に4枚の(がく)の白い花が開き、実に長い羽毛状の花柱が残る。有毒。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんにんそう【仙人草】

キンポウゲ科のつる性多年草。山野に自生。茎は長さ1.5メートル 以上に達し、羽状複葉を対生。八、九月、葉腋ようえきに白色花を多数つけ、羽毛のある痩果そうかを結ぶ。有毒。葉や根は鎮痛・利尿薬として利用する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

仙人草 (センニンソウ)

学名:Clematis terniflora
植物。キンポウゲ科の落葉つる性植物,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

仙人草の関連キーワード利尿薬葉腋鎮痛山野自生対生

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仙人草の関連情報