コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙家 センカ

デジタル大辞泉の解説

せん‐か【仙家】

仙人のすみか。せんけ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんか【仙家】

仙人のすみか。せんけ。

せんけ【仙家】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の仙家の言及

【人相学】より

…また漢の高祖は,かつて農耕に従事していたとき,通りかかった白髪の老人に将来皇帝となることを予言されて兵を志願したという。このため漢の宮廷は観相士を重用し,人相学は隆盛を極めて仙家と呼ばれた。前漢の許負,後漢の郭林宗,管輅(かんらく)などが有名で,とくに許負の《人倫識鑑》は目,鼻,口などの部分の相を確定した。…

※「仙家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

仙家の関連キーワード山中平九郎(初代)三十六歌仙続国歌大観三十六人集山中平九郎周易参同契池坊専応菊慈童六家集孫思邈導引竜胆養生仙人葛洪

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android