コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

代理受領 だいりじゅりょう

2件 の用語解説(代理受領の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

だいりじゅりょう【代理受領】

金融実務において慣行的に行われている債権担保の方法。A(債権者)がB(債務者)に融資するにあたり,その債権を担保する目的で,BのC(第三債務者)に対する債権についてBから取立委任を受けて代理権を取得しておくもので,それに基づいて取り立てて受領した金銭を直接Bに対する債権の弁済に充当できる。これはとくに,戦後の金融難を背景として,中小企業官公庁に対する工事請負,物品納入により取得する代金債権につき,譲渡,質入れが禁止されていることに代わる担保方法として盛んに行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

代理受領
だいりじゅりょう

債権者Aが、債務者Bから、BのC(第三債務者)に対する金銭債権の取立委任を受け、Cから受領した金銭を自己の債権の弁済に充当することをいう。たとえば、ある業者が、官庁から支払われる代金を担保として銀行から融資を受け、この銀行が、業者にかわって官庁から受領して弁済に充当するというような場合が、この適例である。このような場合には、前記の代金債権を質入れしたり、譲渡したりすることによっても、同じ目的を達しうるが、代金債権の譲渡・質入れを禁ずる特約のある場合(民法466条2項参照)や、第三債務者が自己に対する債権を担保に供されることを好まないような場合に、この方法が用いられている。[竹内俊雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

代理受領の関連キーワード債権質指名債権破産債権デット・デット・スワップ確定債権慣行実務家転付特別栽培農産物慣行農法

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

代理受領の関連情報