代理受領(読み)だいりじゅりょう

世界大百科事典 第2版の解説

だいりじゅりょう【代理受領】

金融実務において慣行的に行われている債権担保の方法。A(債権者)がB(債務者)に融資するにあたり,その債権を担保する目的で,BのC(第三債務者)に対する債権についてBから取立委任を受けて代理権を取得しておくもので,それに基づいて取り立てて受領した金銭を直接Bに対する債権の弁済に充当できる。これはとくに,戦後の金融難を背景として,中小企業が官公庁に対する工事請負,物品納入により取得する代金債権につき,譲渡,質入れが禁止されていることに代わる担保方法として盛んに行われた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

代理受領
だいりじゅりょう

債権者Aが、債務者Bから、BのC(第三債務者)に対する金銭債権の取立委任を受け、Cから受領した金銭を自己の債権の弁済に充当することをいう。たとえば、ある業者が、官庁から支払われる代金を担保として銀行から融資を受け、この銀行が、業者にかわって官庁から受領して弁済に充当するというような場合が、この適例である。このような場合には、前記の代金債権を質入れしたり、譲渡したりすることによっても、同じ目的を達しうるが、代金債権の譲渡・質入れを禁ずる特約のある場合(民法466条2項参照)や、第三債務者が自己に対する債権を担保に供されることを好まないような場合に、この方法が用いられている。[竹内俊雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

代理受領の関連情報