コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮葉 かよう phyllode

翻訳|phyllode

4件 の用語解説(仮葉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仮葉
かよう
phyllode

偽葉ともいう。葉の変態したもので,元来葉をつけている棒状部分であるはずの葉柄が,扁平化してそれ自体葉状となったもの。しばしば先端に葉身の退化した痕跡がみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

か‐よう〔‐エフ〕【仮葉】

葉柄が変形して扁平になり、葉の役割を果たすもの。アカシアなど。偽葉(ぎよう)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かよう【仮葉】

葉柄の部位が変形して普通の葉のように扁平になり、葉と同じ機能を営むようになったもの。アカシア・カンキチクなどに見られる。偽葉。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仮葉
かよう

平面化した葉柄(ようへい)と解釈され、しかも葉身にみられる光合成の機能をもつ葉のことで、偽葉(ぎよう)ともいう。仮葉では本当の葉身は退化しているとみられることが多い。マメ科のアカシア属には仮葉をもつ種が多いが、植物学上、仮葉とよばれるものを葉柄に相当するという解釈については反論もある。単子葉植物の平行脈をもつ葉を一般に双子葉植物の葉の葉柄に相当すると考える仮葉説があるが、この学説にも疑問をもつ学者が多い。[原 襄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仮葉の関連キーワード葉柄長柄の銚子長柄の槍葉枕足柄の関直柄の瓠日田1号ミツガシワオオバキヒメウズ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone