コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

任意保険 にんいほけん voluntary insurance

4件 の用語解説(任意保険の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

任意保険
にんいほけん
voluntary insurance

保険の分類の一つ。保険への加入および受諾が当事者の自由意思にゆだねられる保険で,自由主義個人主義の理念に立脚する現代の資本主義社会における民営保険の大部分が任意加入制である。これに対して保険加入,その受諾が法的に強制されるものを強制保険という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にんい‐ほけん【任意保険】

保険加入が当事者の自由意思に任されている保険。→強制保険

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

保険基礎用語集の解説

任意保険

自動車の保険には、法律で義務づけられている自動車損害賠償責任保険(自賠責保険、強制保険)と任意に加入できる自動車保険任意保険)とがあります。強制保険である自賠責保険だけでは、万一の事故のときに損害賠償額を満たせないことが多いので、それを補うためにも任意保険である自動車保険に加入しておくのが安心です。担保種目にもよりますが、対人賠償保険対物賠償保険などの加入割合はほぼ6割から7割ほどに達しており、この任意保険への加入はいまや自動車保有者の常識となっています。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

にんいほけん【任意保険】

加入を当事者の任意とする保険。普通、営利保険・相互保険はこれにあたる。 ↔ 強制保険

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の任意保険の言及

【強制保険】より

…保険への加入が法律により強制されているものをいう。これに対し,強制されていないものは任意保険voluntary insuranceとよばれる。強制保険では通常,保険者は引受義務を課せられており,一方,被保険者は加入義務を課せられている。…

※「任意保険」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

任意保険の関連キーワード自動車保険自賠責保険車庫法任意自動車保険被保険自動車保管場所法登録自動車自動車保管場所標章運転適性診断自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

任意保険の関連情報