対人賠償保険(読み)タイジンバイショウホケン

デジタル大辞泉の解説

たいじんばいしょう‐ほけん〔タイジンバイシヤウ‐〕【対人賠償保険】

自動車事故により、自分の車の同乗者、相手の車の搭乗者、歩行者などを死亡させたりけがを負わせてしまい、損害賠償責任を負うことになったとき、自動車損害賠償責任保険で支払われる保険金を超える部分について保険金が支払われる自動車保険。運転者本人やその家族については補償されない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

損害保険用語集の解説

対人賠償保険

自動車事故で、他人を死傷させ、法律上の損害賠償責任を負った場合に、自賠責保険で支払われるべき金額を超える部分について、被害者の方1名につき保険金額を限度として保険金が支払われます。
ただし、他人が対象となりますので、ご契約者または被保険者の方と一定の関係にある方(配偶者、父母、子など)への賠償については保険金が支払われません。

出典 自動車保険・医療保険のソニー損保損害保険用語集について 情報

保険基礎用語集の解説

対人賠償保険

自動車の所有、使用または管理に起因して、他人の生命もしくは身体を害し、被保険者が法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害に対して保険金を支払う保険を指します。ただし損害額が自賠責保険等による保険金を超過する場合に限り、その超過額のみを支払います。保険金額は、被害者1名については、その額を定める方式と無制限とする方式とがありますが、1事故については、すべて無制限となってます。

出典 みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android