コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都賀庭鐘 つがていしょう

8件 の用語解説(都賀庭鐘の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

都賀庭鐘
つがていしょう

[生]享保3(1718)頃.大坂
[没]寛政6(1794)頃.大坂
江戸時代中期の文人,読本作者。号,近路行者 (きんろぎょうじゃ) ,千里浪子,大江漁人など。若いときから香,茶,書また医を学んだ。医を業とする一方,儒者としても立ち,唐音 (とうおん) を学んで中国白話小説を読み,その影響で小説を書いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つが‐ていしょう【都賀庭鐘】

[1718ころ~1794ころ]江戸中期の読本(よみほん)作者・儒医。大坂の人。上田秋成の師。号、近路行者(きんろぎょうじゃ)など。中国の白話小説を翻案して初期読本の先駆をなした。作「英草紙(はなぶさそうし)」「繁野話(しげしげやわ)」「莠句冊(ひつじぐさ)」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

都賀庭鐘【つがていしょう】

江戸中期の読本(よみほん)作者,儒医。号は近路行者(きんろぎょうじゃ),大江漁人など。大坂の人。中国小説の翻訳や和漢混淆(こんこう)文の翻案小説に長じる。風刺・批判の精神をもち,白話小説翻案流行の先鞭をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

都賀庭鐘 つが-ていしょう

1718-? 江戸時代中期の医師,漢学者,読み本作者。
享保(きょうほう)3年生まれ。大坂の人。新興蒙所(にいおき-もうしょ)に書と篆刻(てんこく)を,香川修庵に医学をまなぶ。当時流行した中国の白話文学を翻案して「英草紙(はなぶさぞうし)」「繁野話(しげしげやわ)」「莠句冊(ひつじぐさ)」の三部作をかき,読み本の祖とされる。安永9年「康煕(こうき)字典」を校訂して出版した。字(あざな)は公声。通称は六蔵。号は大江漁人,近路行者など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

都賀庭鐘

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:享保3(1718)
江戸時代の読本作者。字は公声,六蔵と称する。また近路行者,千里浪子,大江漁人,辛夷館などを号する。大坂で生まれたのち,京都に出て,享保(1716~36)の末ごろ,書を新興蒙所に,医学を香川修庵に学んだ。当時の京都は中国白話文学が大流行しており,庭鐘もそれらを多読していたことが,彼の読書ノートから知られる。元文から延享(1736~48)のころにはすでに,のちの「読本三部作」の粗稿となる白話文学の翻案小説を書いていたらしい。寛延2(1749)年,『英草紙』を出版。構成,文体,歴史観など,あらゆる面においてこれまでの小説とは一線を画し,「読本」の始祖とされる。ほかには『繁野話』(1766),『莠句冊』(1786)などがある。安永(1772~81)初めごろには,火災のあと職を求めていた上田秋成が,庭鐘について医学を学んだ。また安永9年,『康煕字典』を校訂し,出版。唐本の引用文の誤りを900点指摘するが,そこに庭鐘の研鑽ぶりが窺える。文化3(1806)年刊『義経磐石伝』の時点ではすでに没していたとされている。庭鐘は「太平逸民」の印を用いているが,そこには市井の隠者として生きる,彼の文人意識をみることができる。<参考文献>中村幸彦「都賀庭鐘伝攷」(『中村幸彦著述集』11巻)

(樫澤葉子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

つがていしょう【都賀庭鐘】

1718ころ‐94?(享保3ころ‐寛政6?)
江戸中期の読本作者,儒者,医者,書家。通称六蔵,字は公声,号は近路行者(きんろぎようじや),大江漁人,辛夷館。大坂に生まれ,10代の終りから医学を京都の古医方の大家香川修庵に学んだ。当時流行の中国白話小説に親しむようになる。大坂へ帰り20代後半に医者となり,多くの門下生を養成した。儒者・文学者としての活動を始めた彼は,前々から構想をめぐらしていたものを基礎にして,まず前編として1749年に,《古今奇談・英草紙(はなぶさそうし)》を出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

つがていしょう【都賀庭鐘】

1718頃~1794?) 江戸中期の読本作者・儒医。大坂の人。字あざなは公声。通称、六蔵。号は近路行者きんろぎようじやなど。中国の白話小説の翻案によって前期読本の先駆者とされる。著「英草紙はなぶさぞうし」「繁野話しげしげやわ」「莠句冊ひつじぐさ」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

都賀庭鐘
つがていしょう
(1718―94ころ)

江戸中期の小説家。通称は六蔵、庭鐘は名、字(あざな)は公声。十千閣、近路行者(きんろぎょうじゃ)、千里浪子、大江漁人、巣庵(そうあん)、辛夷館(しんいかん)、巣居、毛野村丹三郎、渡頭一舟子などの号をもつ。大坂の人。書と篆刻(てんこく)を新興蒙所(におうもうしょ)に、医を古医方の大家香川修庵に学び、また茶道家で香道の古法を興した大枝流芳と交わる。漢学は京都の徂徠(そらい)学派の者に学んだらしい。とくに当時流行の中国白話(はくわ)文学を愛好し、それを翻案して『英草紙(はなぶさそうし)』(1749刊)、『繁野話(しげしげやわ)』(1766刊)、『莠句冊(ひつじぐさ)』(1786刊)の三部の小説を著したが、これが読本(よみほん)の嚆矢(こうし)であって、読本史に占める位置は大きい。大坂・天満で医を開業し、その知識に基づいて『通俗医王耆婆(ぎば)伝』(1763刊)を著したが、かたわら篆刻の書『全唐名譜』(1741刊)、『漢季章譜』(1791刊)を著し、投壺(とうこ)、本草など広く中国の学芸を渉猟し、中国戯曲の知識に基づく『四鳴蝉(しめいぜん)』(1771刊)もある。なかでもっとも有意義の著作は『康煕(こうき)字典』を1778年(安永7)に校刊したもの。その博学と上田秋成(あきなり)に中国小説を指導した見識とは、当時の大坂の第一流の人物としてよい。[徳田 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の都賀庭鐘の言及

【上田秋成】より

…このころ,秋成は2人の知識人と出会い,それが決定的な人生の転機ともなった。ひとりは,大番与力を職とする国学者加藤美樹(宇万伎)(うまき)であり,もうひとりは大坂天満の医師,白話小説家都賀庭鐘(つがていしよう)である。前者から,日本の古典の美しさとその学問を,後者から,中国白話小説の斬新なおもしろさを教えられ,彼は大きく文学的に触発された。…

【繁野話】より

…読本。近路行者(きんろぎようじや)(本名都賀(つが)庭鐘)の2番目の作品。1766年(明和3)刊。5巻に9編の短編を収めている。題簽(だいせん)などに《古今奇談英草紙後編繁野話》とあり,16年前の《英(はなぶさ)草紙》の後編として刊行された。《英草紙》と同様に中国の資料を利用し,《任氏伝》や《白猿伝》,さらに《古今小説》や《今古奇観》などの白話小説を翻案している。また,日本の文献として,《日本書紀》や《太平記》,謡曲《唐船(とうせん)》,中世の野史《浪合記(なみあいき)》なども利用されていて,前作同様和漢の文献が使用されている。…

※「都賀庭鐘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

都賀庭鐘の関連キーワード秋里籬島松本龍澤栗本翠庵絵入り読本高井蘭山伊丹椿園小枝繁宝田千町楠里亭其楽暁鐘成

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone