コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東線 いとうせん

百科事典マイペディアの解説

伊東線【いとうせん】

熱海〜伊東間のJR線。営業キロ16.9km。1938年全通・電化熱海網代,伊東の温泉郷をつなぐ。1961年開業した伊豆急行(伊東〜伊豆急下田間)とともに伊豆半島東海岸の観光路線である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いとうせん【伊東線】

東海道本線熱海駅を起点に,伊豆半島東海岸を下り伊東駅に至る16.9kmのJR東日本の営業線。熱海から伊東に至る鉄道として建設を開始,1935年3月熱海~網代間が開通,38年12月終点の伊東まで全通した。沿線は熱海,網代,伊東の温泉郷を控え,保養地,観光地として有名である。また61年12月伊豆急行線伊東~伊豆急下田間開通により相互連絡運転を開始,伊豆半島東海岸は一挙に開かれた。【村山 繁樹】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊東線
いとうせん

東日本旅客鉄道の線路名称。熱海(あたみ)―伊東間(静岡県)16.9キロメートル、直流電化、熱海―来宮(きのみや)間のみ複線、その他は単線。伊東―下田間を営業する伊豆急行(1961年開業)と結んで、伊豆半島東岸の観光輸送にあたる縦貫鉄道を形成する。東京駅から東海道本線を経由して直通運転される特急列車が数多く設定されており、伊豆急行との間にも相互乗り入れが行われている。1935~1938年(昭和10~13)電化、開業した。1987年(昭和62)、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、東日本旅客鉄道に所属。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

伊東線の関連キーワード列車集中制御装置上野東京ライン東日本旅客鉄道熱川[温泉]CTC装置伊東[市]伊東(市)網代温泉伊東温泉熱川温泉宇佐美熱海市伊東市

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊東線の関連情報