コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊秉綬 いへいじゅYi Bing-shou

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊秉綬
いへいじゅ
Yi Bing-shou

[生]乾隆19(1754)
[没]嘉慶20(1815)
中国,清の書家,官僚。福建省寧化の人。字は組似,号は墨卿。朝棟の子。乾隆 54 (1789) 年進士となり官は揚州知府にいたった。家学を受けて程朱学を奉じ,道学者として終生を貫いた。書は各体にすぐれたが隷書において特異な風格を出し,八分では新鮮と雄偉の書風をもって聞えた。主要遺墨に『黙庵集錦』,著書に『留春草堂集』がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いへいじゅ【伊秉綬 Yī Bǐng shòu】

1754‐1815
中国,清代中期の書家。福建省寧化の人。光禄寺卿伊朝棟の子。字は組似,号は墨卿,南泉。乾隆54年(1789)の進士。刑部主事を授けられ,広東省恵州や揚州の知府を歴任した。若年より道学者として身を持し,公私の生活はもとより文学芸術にいたるまでその精神を貫いたという。書は隷・行をよくし,波勢のない,直線的に四角く構成する隷書を創始し,その特異な超逸の風格が賞される。《留春草堂集》の著がある。【角井 博】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いへいじゅ【伊秉綬】

1754~1815) 中国、清の書家。字あざなは組似、号は墨卿・黙庵。詩文をよくし、隷書・篆刻に長じた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊秉綬
いへいじゅ
(1754―1815)

中国清(しん)時代中期の書家。福建省寧化の人。光禄寺卿(こうろくじけい)に至った朝棟の子。字(あざな)は組似、号は墨卿、南泉。1789年(乾隆54)進士に合格、刑部主事を授けられ、員外郎に移り、98年(嘉慶3)湖南省の郷試副考官、のち広東恵州や揚州の知府を歴任した。家学を受け、若年より宋(そう)学者、道学者として身を持し、公私の生活はもとより文学芸術に至るまで、その精神を貫いた。書は劉(りゅうよう)の弟子で隷(れい)行草に長じたが、もっとも漢隷をよくし、波勢のない、直線的に四角く構成する隷法を創始した。スケールの大きさ、その特異な超逸の風格が世にうたわれている。『留春草堂集』の著がある。[角井 博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

伊秉綬の関連キーワード詩文篆刻嘉慶家学

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android