伊藤桂一(読み)イトウケイイチ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤桂一 いとう-けいいち

1917- 昭和後期-平成時代の小説家,詩人。
大正6年8月23日生まれ。昭和13年入隊し,7年近くを中国大陸ですごす。戦後実録と小説の形で戦記をかきつづけ,37年「蛍の河」で直木賞,59年「静かなノモンハン」で芸術選奨,同年吉川英治文学賞。時代小説もかき,「月下の剣法者」などの剣豪小説や捕物帳シリーズもある。詩集に「竹の思想」がある。平成13年芸術院恩賜賞,芸術院会員。19年「ある年の年頭所感」で三好達治賞。三重県出身。世田谷中学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊藤桂一の関連情報