コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤桂一 イトウケイイチ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤桂一 いとう-けいいち

1917- 昭和後期-平成時代の小説家,詩人。
大正6年8月23日生まれ。昭和13年入隊し,7年近くを中国大陸ですごす。戦後実録と小説の形で戦記をかきつづけ,37年「蛍の河」で直木賞,59年「静かなノモンハン」で芸術選奨,同年吉川英治文学賞。時代小説もかき,「月下の剣法者」などの剣豪小説や捕物帳シリーズもある。詩集に「竹の思想」がある。平成13年芸術院恩賜賞,芸術院会員。19年「ある年の年頭所感」で三好達治賞。三重県出身。世田谷中学卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊藤桂一の関連キーワード我が愛は山の彼方に風車の浜吉捕物綴シンボルスカ早乙女貢記録文学永井路子螢の河伊藤

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊藤桂一の関連情報