コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤清永 いとうきよなが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊藤清永
いとうきよなが

[生]1911.2.24. 兵庫
[没]2001.6.5.
洋画家。 1928年上京して岡田三郎助に師事。 1935年東京美術学校 (現・東京芸術大学) 油画科卒業。 1933年白日会展で白日会賞受賞。 1947年と 1948年に『I夫人像』『室内』で日展に連続特選。 1976年『曙光』で日展内閣総理大臣賞ならびに芸術院賞恩賜賞を受賞。ルノアール風の筆致に日本的な感性を加味した豊かな色彩と感覚で,一貫して女性の裸体美を追求した。 1991年文化功労者。 1996年文化勲章受章

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤清永 いとう-きよなが

1911-2001 昭和-平成時代の洋画家。
明治44年2月24日生まれ。昭和8年白日会会員。22,23年日展で連続特選,51年内閣総理大臣賞。52年芸術院恩賜賞。53年日展理事。59年芸術院会員。愛知学院大教授。一貫して女性美を追求し,裸婦を連作する。平成8年文化勲章。平成13年6月5日死去。90歳。兵庫県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。作品に「曙光」「椅子に臥る裸婦」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊藤清永
いとうきよなが
(1911―2001)

洋画家。兵庫県生まれ。1935年(昭和10)東京美術学校(現東京芸術大学)油絵科卒業。岡田三郎助の薫陶を受け、在学中に白日賞を受賞。一貫して豊満な裸婦像を描き、独自の華麗で温かみのある女性美の世界を確立した。愛知学院大学教授を長年務め、後進の指導にもあたった。代表作の『曙光』で76年日展内閣総理大臣賞、77年日本芸術院恩賜賞を受賞。79年紺綬褒章、84年勲四等旭日小綬章を受章、芸術院会員。91年(平成3)文化功労者、96年文化勲章を受章。[編集部]
『『伊藤清永作品集』(1991・ビジョン企画出版社) ▽『伊藤清永画集』(1989・六芸書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

伊藤清永の関連キーワード伊藤清永美術館中山忠彦

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android