コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤清永 いとうきよなが

3件 の用語解説(伊藤清永の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊藤清永
いとうきよなが

[生]1911.2.24. 兵庫
[没]2001.6.5.
洋画家。 1928年上京して岡田三郎助に師事。 1935年東京美術学校 (現・東京芸術大学) 油画科卒業。 1933年白日会展で白日会賞受賞。 1947年と 1948年に『I夫人像』『室内』で日展に連続特選。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤清永 いとう-きよなが

1911-2001 昭和-平成時代の洋画家。
明治44年2月24日生まれ。昭和8年白日会会員。22,23年日展で連続特選,51年内閣総理大臣賞。52年芸術院恩賜賞。53年日展理事。59年芸術院会員。愛知学院大教授。一貫して女性美を追求し,裸婦を連作する。平成8年文化勲章。平成13年6月5日死去。90歳。兵庫県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。作品に「曙光」「椅子に臥る裸婦」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊藤清永
いとうきよなが
(1911―2001)

洋画家。兵庫県生まれ。1935年(昭和10)東京美術学校(現東京芸術大学)油絵科卒業。岡田三郎助の薫陶を受け、在学中に白日賞を受賞。一貫して豊満な裸婦像を描き、独自の華麗で温かみのある女性美の世界を確立した。愛知学院大学教授を長年務め、後進の指導にもあたった。代表作の『曙光』で76年日展内閣総理大臣賞、77年日本芸術院恩賜賞を受賞。79年紺綬褒章、84年勲四等旭日小綬章を受章、芸術院会員。91年(平成3)文化功労者、96年文化勲章を受章。[編集部]
『『伊藤清永作品集』(1991・ビジョン企画出版社) ▽『伊藤清永画集』(1989・六芸書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊藤清永の関連キーワード中谷泰川端実糸園和三郎大内田茂士川村勇佐野ぬい高橋忠弥津高和一安田謙吉井忠

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊藤清永の関連情報