コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤貞市 いとう ていいち

2件 の用語解説(伊藤貞市の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤貞市 いとう-ていいち

1898-1980 大正-昭和時代の鉱物学者。
明治31年9月27日生まれ。大正14年母校東京帝大の助教授となり,欧州留学をへて昭和18年教授。31年から京大教授を兼任する。X線結晶学の分野を開拓した。20年学士院賞。昭和55年10月10日死去。82歳。大阪出身。著作に「本邦鉱物図誌」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊藤貞市
いとうていいち
(1898―1980)

鉱物学者、結晶学者。大阪市生まれ。1923年(大正12)東京帝国大学地質学科を卒業後、京都帝国大学大学院、東京帝国大学理学部助教授などを経て、1943年(昭和18)東大理学部教授となる。その後京大教授を併任する。1953年(昭和28)日本学士院会員に選出される。X線結晶学、数理結晶学の分野で、日本の鉱物学の近代化に多大の貢献をした。おもな著作は『X-ray Studies on Polymorhism』(1950)で、個々の原子や分子のみならず、それらの集団も結晶を構成する単位となりうることを明らかにした。これらの業績によって、日本結晶学会、日本鉱物学会、イギリス鉱物学会の名誉会員となり、1968年にアメリカ鉱物学会よりロブリング・メダルを受賞した。[松原 聰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊藤貞市の関連キーワード森白甫桜井欽一モノミクトエフェメル井上なつゑ大下常吉定永両一高瀬伝田所芳秋森本信男

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone