コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐渡金銀山

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

佐渡金銀山

1601年に開山。1989年の閉山までの約400年間で金78トン、銀2300トンを産出した国内最大級の金銀山で、天領として江戸幕府の財政を支えた。相川金銀山、鶴子銀山、新穂銀山、西三川砂金山の四つの鉱山で構成される。

(2010-06-15 朝日新聞 朝刊 新潟全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

世界大百科事典内の佐渡金銀山の言及

【相川[町]】より

…【磯部 利貞】
[歴史]
 相川が金山町として成立したのは1600年(慶長5)のことである。1594年(文禄3)豊臣秀吉は朝鮮出兵のための財政をまかなうため上杉景勝に佐渡金銀山(佐渡金山)の積極的な開発を命じた。1600年佐渡は徳川家康の直轄領とされ,敦賀の豪商田中清六が,他3人の奉行人とともに金銀山を支配し,03年大久保長安がそれまで鶴子(つるし)にあった陣屋を相川に移転させた。…

※「佐渡金銀山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

佐渡金銀山の関連キーワード新潟県佐渡市相川南沢町新潟県佐渡市下相川近代の佐渡金銀山佐渡金山遺跡新潟県佐渡市静野与右衛門鶴子銀山跡佐渡博物館味方但馬石見銀山相川鉱山佐渡金山佐渡国

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐渡金銀山の関連情報