コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当代記 とうだいき

3件 の用語解説(当代記の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

当代記【とうだいき】

安土桃山時代から江戸初期までの諸国の情勢,諸大名の興亡,江戸幕府の政治等に関する記録。10巻。姫路城主松平忠明(ただあきら)(徳川家康の外孫)の著ともいわれるが不詳。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とうだいき【当代記】

織豊政権期から江戸幕府の成立期にかけての政治,軍事,社会の状況を編年的に記録した書物。10巻。徳川家康の外孫で姫路城主松平忠明の著といわれるが不詳。成立年代は不明。はじめに天文・弘治・永禄年間の幕府,諸大名の政治状況を略記,続いて1570年(元亀1)から1615年(元和1)までを逐年に詳述。織田信長豊臣秀吉・家康の天下統一期の政事,諸国の情勢,民俗などを知る重要史料。《史籍雑纂》第2に所収。【煎本 増夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

当代記
とうだいき

近世初期の日記風の年代記。九巻。伊勢(いせ)(三重県)亀山(かめやま)城主松平忠明(ただあきら)(1583―1644)の著とされるが確証はない。初めに天文(てんぶん)から永禄(えいろく)年間(1532~70)の近畿から甲斐(かい)(山梨県)にかけての大事件を略記し、1570年(元亀1)から1615年(元和1)までは織田信長・豊臣(とよとみ)秀吉・徳川家康の動静を中心に主要な事件をその裏面にわたり記す。幕府の記録に欠ける江戸初期の研究にとって貴重な史料。『史籍雑纂(ざっさん)』二所収。[高木昭作]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

当代記の関連キーワード御蔵歌舞伎草子長谷川派鐚銭天川薩摩版ていと南蛮宗伯庵日本五大昔話

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

当代記の関連情報