コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤寛次 さとうかんじ

百科事典マイペディアの解説

佐藤寛次【さとうかんじ】

農業経済学者。山形県米沢出身。東大卒。横井時敬(ときよし)のあとを受けて東大教授となり,農業評価学の先達といわれた。のち東京農業大学学長も務め,農業教育に大きな足跡を残し,また産業組合運動にも関係した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤寛次 さとう-かんじ

1879-1967 明治-昭和時代の農業経済学者。
明治12年1月26日生まれ。大正11年母校東京帝大の教授となる。のち東京農大学長。日本農業経済学会会長,大日本農会理事長などをつとめた。農業評価学,産業組合論などの研究で知られる。昭和42年5月31日死去。88歳。山形県出身。旧姓は古海。著作に「産業組合講話」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さとうかんじ【佐藤寛次】

1879‐1967(明治12‐昭和42)
農業経済学者。山形県生れで旧米沢藩士の三男。1904年に東大農科卒後,農政学と農業経済学を研究,06年以降,東大講師,助教授,3年間の欧米留学で農業評価学を学び,22年に横井時敬の後任教授になった。創立期の農業経済学の先達といわれ,農業評価学,産業組合論で業績を残した。定年の39年には東京農大学長に選ばれ,農業教育にも大きな足跡を残した。郷里の先輩平田東助の知遇をうけ,早くから農業団体に関係し,産業組合中央会の副会頭や産業組合学校の校長,大日本農会会頭などを務め,農政運動にも貢献。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone