コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農会 のうかい

6件 の用語解説(農会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農会
のうかい

産業組合と並ぶ第2次世界大戦前の主要農業団体。 1899年「農会法」公布に基づき設立。府県・郡・市町村に系統的に組織されたものを系統農会という。政府の力による農業技術普及のための組織で,性格としては官製団体的色彩が濃かった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

のう‐かい〔‐クワイ〕【農会】

明治32年(1899)公布の農会法により、農事の改良・発達を図ることを目的として設立された地主・農民の団体。昭和18年(1943)農業会に統合された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

農会【のうかい】

農会法(1899年),農会令(1900年)に基づき,農業の改良発達を図ることを目的として設けられた団体。市町村,郡,都道府県の系統農会の3種と中央組織の帝国農会があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

のうかい【農会】

第2次大戦前にあった農業の改良・発達と農業関係者の福利増進をはかることを目的とした団体。農業技術の改良・発達をはかる努力は,明治初年から各地の篤農家を中心として自然発生的に多数の会合や結社を生み,その一部は明治10年代に行政庁も加えた農談会として広まっていった。これら各地にできた団体を組織化・恒常化させる目的で,いくつかの有力な農談会と農政官僚らが中心になって,1881年に民間団体の大日本農会が結成された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

のうかい【農会】

1899年(明治32)農会法に基づいて農事の改良発達を目的として設けられた地主・農民の団体。1943年(昭和18)産業組合と合併して農業会となる。 → 帝国農会

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

農会
のうかい

第二次世界大戦前の主要農業団体の一つ。農会法は1891年(明治24)に初めて議会に提案されたが、議会解散によって流れ、99年に改めて提案されて成立した。同法によって各市町村―郡―府県のいわゆる系統農会が、農事改良の組織として法認された。系統農会は1894~95年に、前田正名(まさな)の呼びかけにより、玉利喜造(きぞう)、池田謙蔵、横井時敬(ときよし)、沢野淳(じゅん)、石川理紀之助(りきのすけ)らが分担して全国行脚し、農家を組織化したものである。しかし、農会法制定にあたり、農会の全国組織である全国農事会を中心に、自主団体たろうとする前田派と、補助金を得て政府指導下につながろうとする横井派に割れた。政府は、会費の強制徴収権をもつ自主団体たろうとする前田の主張を排し、15万円以内の補助金交付によって、政府統制下に農会をつなぎとめた。結局、中央組織としての全国農事会は単なる任意法人にとどまり、この法律を不満とする前田や石川らは農会活動から去った。その後1910年(明治43)に法律が改正され、全国農事会を改組し、官選の特別議員を評議員会に加えるなどして帝国農会と改名し、系統農会の中央組織とした。こうして「サーベル農政」に象徴されるような、政府―地主―農民に至る統制的農政が確立した。1922年(大正11)に、会費徴収権の容認、農会の小作争議調停・仲裁機能追加の法改正があった。1943年(昭和18)に戦時色濃い中央農業会に改編されるまで、系統農会は政府指導下で農事改良を推進した。[祖田 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の農会の言及

【農業協同組合】より

…明治末期から大正,昭和初期にかけて産業組合は全国的に普及し,昭和恐慌期を経て第2次大戦まで続いた。第2次大戦中の産業組合は,農業団体法(1943)に基づき農会と合併して農業会という名称に変更された。 敗戦によってそれまでの流れにはいちおうピリオドが打たれ,農地改革によって大量につくり出された自作農民を基盤にした新しい形態での農業協同組合が,1947年農業協同組合法の制定によって設立された。…

【農民協会】より

…中国の農民組合をいい,農協,農会とも略称する。1921年9月浙江省蕭山県にできた衙前農民協会が最初とされるが,広範に発展するのは広東省海豊・陸豊地方で,優れた農民運動指導者の彭湃により22年9月労山農会が組織され,翌年1月には海豊県総農会が成立,会員は県人口の4分の1を占める10万に達した。…

※「農会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

農会の関連キーワード土地改良区農民組合藤田アバンゲール戦前戦前派土地改良法農業改良資金農業基盤整備第2次大戦

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

農会の関連情報