コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤玄々 さとう げんげん

5件 の用語解説(佐藤玄々の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

佐藤玄々

彫刻家。福島県生。名は清蔵、別号に朝山・阿吽洞。山崎朝雲に師事。また渡仏してブールデルの指導を受け、帰国後は伝統的木彫に洋風彫塑を摂取して院展・帝展で活躍した。芸術院会員。昭和38年(1963)歿、75才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さとう‐げんげん【佐藤玄々】

[1888~1963]彫刻家。福島の生まれ。本名、清蔵。別号、朝山。山崎朝雲に師事。日本美術院同人。フランスブールデルに学び、木彫に新生面を開いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤玄々 さとう-げんげん

佐藤朝山(さとう-ちょうざん)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

さとうげんげん【佐藤玄々】

1888~1963) 彫刻家。福島県出身。別号、朝山。山崎朝雲に師事。フランスではブールデルに学び、木彫の伝統に西洋の彫塑を取り入れた。作「牝猫」「天女像」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐藤玄々
さとうげんげん
(1888―1963)

彫刻家。福島県相馬(そうま)郡中村町(現相馬市)に生まれる。本名清蔵、旧号朝山(ちょうざん)、第二次世界大戦後、玄々、阿吽洞(あうんどう)を号した。幼時から宮彫(みやぼり)師の父や伯父に木彫を習い、1904年(明治37)上京して山崎朝雲(ちょううん)の内弟子となる。14年(大正3)再興日本美術院第1回展に『呪詛(じゅそ)』などを出品して日本美術院同人となり、以後、院展木彫の主要な存在として豊満で官能的、神秘的な作品を発表した。22年美術院からフランスに派遣され、ブールデルに師事した。24年帰国後は院展に『ベコ』『牝猫(めすねこ)』などを発表した。35年(昭和10)帝国美術院会員となり、翌年の第1回帝展に『八咫烏(やたがらす)』を出品、39年には紀元二千六百年記念『和気清麿朝臣(わけのきよまろあそん)像』を制作した。仏像や置物の制作を多く手がけ、晩年には、東京三越(みつこし)本店の大作『天女像』(1960)を完成した。代表作に『シャクンタラ姫とドウシャンタ王』(1915)などがある。[三木多聞]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐藤玄々の関連キーワードウィルヘルム水成岩湯沢三千男江戸忍法帖ファイト先生タフォイド層々貫入奥里将建山崎匡輔吉田久継

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐藤玄々の関連情報