コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

体例 たいれい

大辞林 第三版の解説

たいれい【体例】

物事のおおよそ。また、物事の内容・細則。
文章や詩文の形式。 「其編年の-に拠つて、我文の骨格を構へ成した所のものである/伊沢蘭軒 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

体例の関連キーワード不当な差別的取り扱い(法的義務で禁止)グーグルマップ・コーディネート全上古三代秦漢三国六朝文小学(中国古典語学)日本文徳天皇実録周辺事態の6類型マッシュアップシュガーコート連続体(物理)レンダリング増補文献備考アフォリズム海域総合利用電荷移動錯体働き方改革地域連携軸近隣集団職場規律正徳の治悉曇要訣

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

体例の関連情報