コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

何じょう ナンジョウ

デジタル大辞泉の解説

なん‐じょう〔‐でふ〕【何じょう】

《「なんという」の音変化》
[副]反語を表す。どうして…か。なんで…か。
「―かかる事にひるむべき」〈河上肇・貧乏物語〉
[連体]
どういう。何という。
「―心地すれば、かく物を思ひたるさまにて、月を見給ふぞ」〈竹取
(反語を表す語を伴って)どうという。どれほどの。たいした。
「―事か候はん」〈今昔・二六・一四〉
[感]なにを言うか。とんでもない。
「―、汝がなにほどの恩を見せけるぞや」〈仮・伊曽保・中〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

何じょうの関連キーワード反語

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android