顧慮(読み)こりょ

精選版 日本国語大辞典「顧慮」の解説

こ‐りょ【顧慮】

〘名〙 深く考えて、それに思いをめぐらすこと。気を配ること。考慮。配。心配。懸念
※日本外史(1827)三「然君事方急、不
※土(1910)〈長塚節〉二五「彼はおつぎが後に続かぬことを顧慮(コリョ)する暇もなかった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「顧慮」の解説

こ‐りょ【顧慮】

[名](スル)ある事をしっかり考えに入れて、心をくばること。「相手の立場を顧慮する」
[類語]心配り配慮気配り心遣い気遣い心掛け細心気兼ね屈託心配注意目配り高配気遣う気を遣う気を利かせる気を配る心を配る心を砕く目が届く行き届く考慮勘案考察考え勘定熟慮熟考考量商量思量省察思慮長考深慮千慮千思万考再考叡慮一考愚考

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「顧慮」の解説

【顧慮】こりよ

心にかける。懸念する。〔撫州顔魯公祠堂記〕、死生を以て、秋毫慮を爲さず。に篤きに非ざれば、(かく)の如くなることはず。此れ以ての大をるに足るなり。

字通「顧」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android