コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佳境 カキョウ

デジタル大辞泉の解説

か‐きょう〔‐キヤウ〕【佳境】

興味を感じさせる場面。「話が佳境に入る」
景色のよい所。「県内随一の佳境
[補説]1は、ふつう物語、演劇等の興味深い場面をいい、「佳境に入る」などの形で使うが、最近「年賀状仕分け境」のように、ある状況の頂点・最盛期をいう使い方が目立ってきている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かきょう【佳境】

(小説や話などの)興味深い所。おもしろい場面。 「話が-に入ってきた」
〔晋書 顧愷之伝〕 風味のよいところ。うまい部分。蔗境。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

佳境の関連キーワード入る・這入る佳境を迎えるそろそろ巻を追う慈照寺染む補説入る妙境蔗境佳局庶境晋書

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佳境の関連情報