佳境(読み)カキョウ

  • かきょう ‥キャウ
  • かきょう〔キヤウ〕

デジタル大辞泉の解説

興味を感じさせる場面。「話が佳境に入る」
景色のよい所。「県内随一の佳境
[補説]1は、ふつう物語、演劇等の興味深い場面をいい、「佳境に入る」などの形で使うが、最近「年賀状仕分け」のように、ある状況の頂点最盛期をいう使い方が目立ってきている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

(小説や話などの)興味深い所。おもしろい場面。 話が-に入ってきた
晋書 顧愷之伝 風味のよいところ。うまい部分。蔗境。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 興味深い場面。また、すぐれた境地。
※本朝文粋(1060頃)八・延喜以詩序〈紀長谷雄〉「後之見者、莫佳境耳」
※牛肉と馬鈴薯(1901)〈国木田独歩〉「談愈々(いよいよ)佳境(カキャウ)に入って来たぞ」 〔晉書‐顧愷之伝〕
② 景色のよい場所。
※中華若木詩抄(1520頃)中「鳥よりも早く行て、佳境が見たいぞ」 〔杜甫‐自瀼西移居詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佳境の関連情報